愛知・名古屋・岐阜の写真館・フォトスタジオ「創寫舘(そうしゃかん)」

メニュー

Soshakan's
BLOG

 豊田スタジオ

成人式へ向けて . . . !!

来年、新成人を迎えるみなさん

前撮りはもうお撮りになりましたか??

 

女性にとっては楽しみでもある華やかな振袖♪

男性は今では袴を着ることも!!

そんな着飾った姿を写真に収めることで

また成人式当日とは違った雰囲気を楽しめると思います。

 

 

今回は振袖について調べたことや私の成人式の振袖選びでの思い出について

少し書いていきたいと思います。

 

○ 振袖とは ○

着物の中でも振袖・訪問着・留袖などさまざまな種類があります。

振袖は袖がすごく長い!!のイメージが大きい方が多いかと、、、、しかしその見た目以外にも誰が着るものなのか、いつ着ていいものなのかなどと、決まりや意味があるんです。

昔と現代で少し変わった意味もありますがほとんど同じです。現代では振袖とは未婚女性が着用する格式の高い礼装といわれております。

成人式以外にも友人や親族の結婚式

大学生や専門学生の方なら袴と合わせて卒業式

特別な格式の高いパーティー

などさまざまな場面で着ることができ、帯や小物をチェンジして成人式とは違った着こなしも楽しめます!

また、振袖を訪問着にリメイクすることも可能です♪ なので、結婚しても訪問着にしてしまえばいつでも着ることができます!

 

○ どんな振袖?? ○

着物の柄や色、帯、小物などそれぞれこだわりたいですよね♪

例えば、「大柄と小柄どっちが似合うんだろう?」「この着物に合う帯は何色かな?」と

ひとつひとつのポイントで大人っぽさや可愛さなど雰囲気が違って見えてくるのかなと

実際に経験してみて思いました。

私の成人式の振袖は母親の着物を着ました。

着物だけを母の、着物以外のものを自分で選んだのですが、かなり迷った覚えがあります。

母親の着物が柄のない無地だった為、『帯を派手にしようか』『着物に合わせて落ち着いた感じでいこうか』『自分の好みにしようか』など考えつついろいろな帯を合わせていって決めていきました。

ほんの少し柄の大きさや色味が違うだけで、雰囲気ががらりと変わったので、本当に何度も何度も悩みました!!

結果的に自分の好みで帯を選びました♪

このような感じで約一年前から準備してきて、帯決めはかなり大変でしたが、当日には両親に晴れ着姿を見せることができた為、今ではとてもいい思い出になっています!

 

成人式は当日だけではなく、特に女性にとっては準備の段階から楽しめるイベントです。

まだ振袖を決めていない方も十分間に合いますよ!!!

また、せっかくの晴れ着姿、当日だけではもったいない!と思う方はぜひ前撮りをして

成人式の前に新たな思い出作りはいかがですか??

 

 

一生に一度の20歳のお祝い

『令和』になってはじめての成人式

より一層記念となる年になるかと思います。

 

ご予約はこちらへ