愛知県・岐阜県の写真館「創寫舘(そうしゃかん)」

<ハッピーハーフバースデイ!>大切な家族の記念日を写真に残そう

創寫舘本部

IMG_8300

『ハーフバースデイ』という言葉をご存知でしょうか?元々は欧米が発祥の習慣ですが、ここ最近では、日本でもハーフバースデイを祝うご家庭が増えています。今回は、そんなハーフバースデイについてご紹介したいと思います。

 

ハーフバースデイってなに?

ハーフバースデイとは、誕生日からちょうど6ヶ月経った日にお祝いをすることです。
アメリカやイギリスでは、1年にたった1回だけ、しかも毎回同じ季節に誕生日パーティーをするというマンネリを避けるため、ハーフバースデイのお祝いが行われるようになりました。

芸能人やアーティストたちの間でハーフバースデイを祝う方が増えた影響により、日本でもハーフバースデイの習慣がだいぶ浸透してきました。

とくに、生後6ヶ月のハーフバースデイを、大切な家族の行事として行う方が多く、スペシャルな日の記念としてパーティーを開いたり、その様子を記念として写真に残すご家族が増えています。

 

一生に一度だけのハーフバースデイ!

赤ちゃんが生まれてから、生後6ヶ月になるまで、あっという間に時は過ぎていくことでしょう。

その間にも、赤ちゃんは目まぐるしいほどの成長を遂げていきます。生まれたときには、とてもかよわい姿で、パパとママなしには生きていけない、そんな頼りなげな存在だった赤ちゃん。

しかし、そんな赤ちゃんも生まれて半年も経つと、できることがだいぶ増えてくるでしょう。自分で寝返りを打つようになったり、手指もかなり発達して、それぞれの手でオモチャをしっかり掴むことができるようになります。

もちろん、発育過程については個人差があって当然です。ですが一般的には、赤ちゃんの可愛らしい好奇心と探究心がむくむくと湧いてくる、生後6ヶ月はそんな時期だと言えるでしょう。

赤ちゃんの成長に、日々感動しながら過ごしているパパとママは多いですが、やがて時が経つにつれて、その感動の記憶も薄れていくものです。

だからこそ、「生まれてきてくれて、ありがとう。」の気持ちをいっぱい込めて、一生に一度のハーフバースデイをお祝いしてみませんか?

 

ハーフバースデイの祝い方のアイデア

ハーフバースデイをきっかけに、離乳食をはじめるご家庭もあるようです。初めての離乳食が、パパとママに見守られながらの楽しい雰囲気の中でなら、赤ちゃんも喜んで離乳食を食べてくれるのではないでしょうか。

しかし、ハーフバースデイのお祝いパーティーと言っても、赤ちゃんが食べられる物や量は限られています。

また、まだまだママのおっぱいのほうが大好き、という赤ちゃんもきっと多いことでしょう。そんな赤ちゃんをお持ちのパパとママであるなら、「パーティーを開くのはちょっと…。」と、悩んでしまうかも知れません。

そのような場合には、記念写真をいつもよりもスペシャルなものにしてみる、という選択肢を選ぶこともできます。

大切な家族の記念日に写真を残すなら、両親に「愛された記憶」として、成長したお子様の誇りとなることでしょう。

 

特別な一枚をスペシャルな雰囲気の中で撮ろう

せっかくのハーフバースデイの写真、ただ家族で仲良く並んで写真撮影するだけでは、味気のない仕上がりになってしまうことも。ただの家族写真で終わらせたくないのであれば、いつもよりもちょっぴり工夫をして、写真を撮ってみてはいかがでしょう?

イメージを膨らませて、アイデアをひねり出し、どうすれば特別なハーフバースデイにふさわしい一枚を撮影できるか考えてみましょう。

「家には小道具も揃っていないし、どうしよう。」というパパとママに朗報です。最近では、ハーフバースデイの記念撮影を承っている写真スタジオも存在します。

創寫館では、家族の大切で特別な一枚のために、全力を尽くすスタッフが勢ぞろいしております。ハーフバースデイの記念撮影も受けつけておりますので、ご家族そろってお気軽にお越しくださいね。

 

フォトスタジオでの写真撮影なら創寫舘

 

  • LINEで送る

→ BLOG 一覧へ

創寫舘の撮影プラン&料金を見る お近くの創寫舘を探す 創寫舘で撮影の予約をする 創寫舘の資料を取り寄せる 撮影の流れについて 営業日カレンダー
Page top